介護に関する資格にはどういうのがあるのか

介護の仕事に興味があるけど、どんな資格があるの?

日本は今後益々高齢化社会へと進むことは避けては通れない現実で、特に団塊の世代が後期高齢者になる2025年にはこのままのペースだと30万人もの介護を行う人材が不足すると厚生労働省では試算されています。その為、今のうちに需要の高い介護の仕事に就いて経験を積もうと考える場合、介護の資格にはどのような種類があるのかと思われるかもしれませんが、介護の資格には研修などの民間資格に該当するものから国家資格に該当するものまで様々です。以前はホームヘルパー2級と言われていた資格がありますが、現在ではこの資格に該当するのは介護職員初任者研修と呼ばれるものです。これは130時間の研修で、最後に修了試験に合格することで介護職員としての業務を行えるようになります。
この研修を修了することが介護の仕事を始める上での登竜門となっています。
まずは介護職員初任者研修を修了することで介護職員として働く資格を得ることができます。

実務者研修や介護の経験を積むことで上位資格に挑戦!

介護職員初任者研修を修了して介護職員となったなら、次のステップアップとして、実務者研修と呼ばれる450時間の研修を受けることでスキルアップが出来ます。この実務者研修は以前のホームヘルパー1級に該当する研修となっています。
実務者研修を修了し、かつ実務経験を3年以上積むことで、国家資格の介護福祉士の受験資格を得ることができます。その後、介護福祉士の国家試験を受験して合格することで、介護福祉士として働くことが可能です。国家資格のため、社会的な信用度も高くなりますし給与面でも他より優遇されることが期待できます。さらに介護専門支援員と呼ばれるケアマネージャーも国家資格です。こちらにも受験資格があり、実務経験が5年以上で、かつ介護に関する法定資格や研修を取得あるいは修了しているなら受験資格が与えられます。資格や研修を修了していない状態で所定の福祉施設などで相談援助や介護を行った経験が10年以上あるなら受験資格が得られます。
まずは介護職員初任者研修を修了することで、実務者研修や介護福祉士、ケアマネージャーといった資格取得を目指す道が開かれます。

Care Relationship